無料ブログはココログ

« 多摩「教育」読者の会3月例会のご案内 | トップページ | 「非行」なんでも春の無料相談のお知らせ »

2014年3月17日 (月)

カリキュラム構成ワークショップ のお知らせ

会員の方から情報提供がありました。

 

お知らせ 生活科・総合学習サークル共催

 

授業案をみんなでデザイン!

 

        カリキュラム構成ワークショップ-

 

第2回目は、「生活と憲法」。元中学教員の松原博さんに、なぜ憲法が大事と気づき、どんな活動をしてきたか、子どもに伝える観点はどのあたりか、などを問題提起をしていただき、多彩な参加者で、その場で授業案(ウェヒ゛ンク゛等)を書き出してみます。改正論議の中で18歳の国民投票権も検討されている今、先生方にとっても切実なことと思います。

 

 

20143月23日(10:0013:00

 

横浜国立大学 教育人間科学部 第二研究棟214(HPをご参照下さい)

 

・参加費は無料! 

 

なお、今後の予定としては・・( )は想定されるゲスト

 

原発・放射線防護(市民団体、避難者)/日本国憲法の改正論議(弁護士)/TPPと農村・都市(南信州と都市を結ぶフォーラムの企画者)/バングラデシュ農村の支援(NGO・シャプラニール)/海洋教育(元教師)/書育(文房具会社)/博物館教育(科学館などの学芸員)

 

 

企画・主催:金馬国晴(キンマクニハル) 横浜国立大学准教授

連絡先  :fax 0453393351(研究室直通)

当日はこう進めます。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

1.まず自己紹介で、学級・学校・職場・地域の様子や、気になっていることを語り合います。

 

2.ゲストに語っていただき、質疑応答をします。参加者からも文献・資料があれば紹介して頂きます。

 

3.ポストイットを使ってアイデア出しをした上で、関心・論点別にチーム分けをします。

 

4.模造紙やパソコンなどに、数回分の授業(単元)か単元全体のデザインを、試しに書き出します。

 

5.各チームが、ポスターセッション形式(お店を出し合い廻り合う)で報告し合います。

 

6.勤務される学校で実践したい先生がいれば、手伝いチームを決めます。今後の連絡法も考えます。

 

 

※現在の問題との関連・・例えば「道徳の教科化」。身につき活かせる価値や規範意識は、週1コマの特設された時間ではなく、他の教科・領域の授業・活動を通じてこそ形成されると考え、念頭に置きます。

 

 

« 多摩「教育」読者の会3月例会のご案内 | トップページ | 「非行」なんでも春の無料相談のお知らせ »

集会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1628480/55404921

この記事へのトラックバック一覧です: カリキュラム構成ワークショップ のお知らせ:

« 多摩「教育」読者の会3月例会のご案内 | トップページ | 「非行」なんでも春の無料相談のお知らせ »