無料ブログはココログ

« 多摩「教育」読者の会1月例会のご案内 | トップページ | 東京歴教協第47回研究集会のお知らせ »

2014年1月28日 (火)

多摩「教育」読者の会 2月例会のご案内

12月例会は初参加の方を含め、7名の参加がありました。小中高大の現役・退職教員がそろい、現場の視点が濃い議論となりました。

話は第1特集の「現代の思春期と中学校」にほぼ集中しました。

まず「福井論文がいう「学校的価値や規制の秩序の枠」とは何か、と問うところから議論が始まりました。そして原田対談が描きだす、若い教師の二極化という点に話が広がりました。また、とびらのことば」から読むことにしている、という発言があり、「中学生の声に耳をすませて」みようということになりました。

また、「教師やからちゃんとせな、いうん捨てたら?」という論文や、「奈落を見てしまった」ところから出発した震災地での教育実践に共感する声が出されました。

他の「教育」を読む会にも参加しているという方から、雰囲気の違いなどについても紹介があり、自分たちのスタイルをふりかえる契機ともなりました。

 

2月号の特集は、「改憲空間と教育の責任」「子どもと放課後」です。憲法改正の動向を知り、憲法と教育の関係を読み解き、憲法をどう教えるかを考えます。

一方で、12月号の第2特集(LINE)、1月号の第1特集(思春期)の続編とも呼ぶべき第2特集では、放課後という時空間をとおして子どもたちの今を考えたいと思います。

 

 第2特集で執筆している濱沖敢太郎さんが話題提供してくださいます。

 

日 時: 2月27日 (木)18302100

場 所:  一橋大学  第一研究館1F小集会室

 

 西キャンパス正門から正面に見える時計台(図書館)の建物に入り、廊下をすぐ右折してください。

建物の角で道なりに左に曲がり、渡り廊下を越えた右手に小集会室があります。

http://www.hit-u.ac.jp/guide/campus/campus/index.html

 (図書館正面入口から来てください)

素 材: 『教育』 2月号

報告者: 濱沖 敢太郎さん(一橋大学大学院)

連絡先:中田 042-580-8490

 

*教科研講座(全5巻+別巻)のうち1,2巻は刊行済みでしたが、昨年12月に4,5巻が刊行されました。3月には3巻、別巻が刊行される予定です。教科研を通すと2割引で購入できます。ご利用ください。

教育科学研究会のHP

http://homepage3.nifty.com/kyoukaken/

講座の構成案内と申込用紙

http://homepage3.nifty.com/kyoukaken/kouza-leaflet-web0411.pdf

 

3月例会からは職員集会所で行う予定です。同じ敷地内ですが、2月例会とは場所が異なります。

« 多摩「教育」読者の会1月例会のご案内 | トップページ | 東京歴教協第47回研究集会のお知らせ »

例会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1628480/54775102

この記事へのトラックバック一覧です: 多摩「教育」読者の会 2月例会のご案内:

« 多摩「教育」読者の会1月例会のご案内 | トップページ | 東京歴教協第47回研究集会のお知らせ »